お店ご案内

店内ご案内

暖簾をくぐるとそこには季節感あふれる日本庭園風の庭が広がります。夏にはあおあおとした葉が生い茂り、秋には紅葉が真っ赤に紅葉します。
店内は田舎の古民家風で、カウンター、個室ともに個性的な雰囲気に創られ、調度品もこだわったものが揃っています。
この心安らぐ落ち着いた雰囲気の中で、おいしいお料理とお酒をごゆっくりお楽しみください。

お庭

最初にお客様をお迎えするのがこの庭です。
小径の両端には苔が生え、季節ごとに変わる葉の色が風情を醸し出します。
ここからすでにおもてなしが始まります。短い小径ですが、季節を感じながらゆっくりと進んでみてください。

カウンター

新鮮な魚介類を目の前にして、粋な店主の料理と美酒を楽しむ。わがままなお客にとってはこのカウンターがまさに特等席かもしれません。席に置かれた春慶塗のお盆に料理が運ばれてきます。初めてのお客さんでも安心してお座りください。

廊下

廊下もただの通路ではありません。柔らかい光に映し出される年代物の調度品と、水琴窟。
水琴窟(すいきんくつ)は、日本庭園の装飾の一つで、手水鉢の近くの地中に作りだした空洞の中に水滴を落下させ、その際に発せられる音を反響させる仕掛けで、夏のひととき、暑さを忘れさせてくれる涼味あふれた日本独特の侘びの音がします。心を静かにして耳を澄ませると地中からかすかに聞こえてくる不思議な音。水のしずくが落ちてポポン、ポン、ポポンと鳴ります。琴の音にも似たところから水琴窟と呼ばれているようです。

囲炉裏の間

こんな部屋でしみじみと酒を呑む。ふるさとをついつい思い出します。 古い田舎の家にはどこにも囲炉裏がありました。 そこは、家族団欒の場であり、客人をもてなす場でした。貧しい暮らしの中で、囲炉裏にかけた鍋で煮える肉や野菜は一番のご馳走でした。心の中まで暖まるのが囲炉裏です。
足が伸ばせるテーブル席です。

奥座敷広間

しゅんでは50名様までのご宴会を承ります。 お祝い事やご法事の料理もございます。
ご宴会のお客様にはバス送迎もございます。
お電話でお気軽にご相談下さい。催しに最適なお部屋、お料理をご準備させていただきます。

ご宴会のページ >>

秘密のドア

まさかこのドアがあの部屋への入口だなんて・・・
目を見張る豪華さと、幻想的な照明。
ずっとここにいてもいいなという衝動に駆られます。
ご来店の際は用事がなくても一度いかがですか。

▲いちばん上に戻る